【仮想通貨でノマドワーカーになれる?】その方法と注意点3つ

【仮想通貨でノマドワーカーになれる?】その方法と注意点3つ
悩める子羊

旅しながら生活したい…仮想通貨でノマドワーカーになれるのかな…どうすればなれるんだろう…

本記事では、こんな悩みを解決します。


記事の内容
  • 仮想通貨でノマドワーカーになれる?
  • 仮想通貨でノマドワーカーになる注意点
  • 仮想通貨でノマドワーカーになる方法


仮想通貨で稼ぎつつノマドワーカーとして働いてみたい人は多いのではないでしょうか。

とはいえ、実際に実現できるのかどうか不安になりますよね。

そこで本記事では、仮想通貨歴3年、ノマドワーカーの筆者が実現性やその方法について解説します。

この記事を書いた人
オインゴ
オインゴ

<プロフィール>

  • 仮想通貨歴3年
  • 合計利益100万以上
  • 英語が得意(TOEIC975)


あわせて、仮想通貨でノマドワーカーになる注意点も解説します。

この記事を読み終えれば、仮想通貨でノマドワーカーになる可能性やその方法がわかり、旅をしながら働くことができるようになりますよ。

それでは始めていきましょう。


1500円分のビットコインがもらえるキャンペーン実施中!

9月30日まで限定!!

今なら、口座開設と入金(1円でも大丈夫)で、1500円分のビットコインがもらえます。

リスクゼロで仮想通貨投資を始められるので、このチャンスを逃さないようしましょう。

コインチェック

›› 【完全無料】コインチェックで口座開設する


目次

仮想通貨でノマドワーカーになれる?

仮想通貨でノマドワーカーになれる?

さっそく結論から。

仮想通貨でノマドワーカーになれます。

その理由は、仮想通貨でガッツリ稼いでいる人はいるからです。


仮想通貨で1億円稼いだ人

国税庁は25日、2017年に仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上あったと申告したのは331人だったと発表した。同年分の確定申告を集計した。仮想通貨の高騰で1億円以上の資産を築いた人が、ヒット映画の題名をもじった「億り人」と呼ばれて話題となるなどしており、業界関係者は「実際はもっと多いはず」と指摘している。

出典:仮想通貨、収入1億円以上は331人 17年確定申告で: 日本経済新聞


上記のように、2017年には仮想通貨で1億円以上稼いだ人が331人いました。

「億り人」と呼ばれているのも時代を感じますよねw

1億以上稼いだ人が3桁いるのであれば、1000万以上稼いでいる人はもっといるはず。

年収1000万円あれば、ノマド生活はできます。

つまり、仮想通貨でノマドワーカーになれる。


ちなみに、海外にも仮想通貨で稼いでいる人はたくさんいます。

アメリカの放送局 CBS NEWS の2021年の記事によると、100万ドル(1億円以上)のビットコインを保持している人は10万人以上。


ビットコインでシュミレーション

もう少し、現実的に考えてみましょう。

どれくらいの稼ぎがあれば、ノマドワーカーとして生活していけると思いますか?

住む場所や住む環境によって金額は異なりますが、日本でホテル暮らしする場合、毎月下記ぐらいの費用は必要になります。

・宿泊費15万円(ホテル1泊5000円前後)
・食費6万円(1日2000円)
・移動費やお小遣い5万円
 合計26万円


月の費用が約30万だとすると、年間360万円。

大きく見積もると、約400万円です。

手取り400万円をゲットするには、およそ500万円の稼ぎが必要になります。(所得税や健康保険料などの税金がかかるので)

では、500万円をビットコインで稼ごうと思ったら、どれくらいの資金が必要なのか計算してみましょう。


仮想通貨の税金は最大45%、株やFXの税金は一律約20%です。

現状、仮想通貨の税金のほうが高いですが、FXの税金が下がったように、仮想通貨の税金も下がる可能性が高いです。


2019年に必要だった資金

直近3年のデータで計算していきます。

2019-2022 ビットコインチャート
出典:ビットコイン チャート | Google


2019年1月の月初めのビットコインの価格は「約40万円」でした。

2019年12月末の価格は「約80万円」。およそ2倍になりました。

上記で計算すると、2019年に500万円稼ぐためには「500万円」が必要でした。

1月の月初めに500万円分のビットコインを購入し、12月末に全てを売却するイメージです。


2020年に必要だった資金

同様に2020年も計算してみましょう。

2020年1月の月初めのビットコインの価格は「約80万円」、12月末の価格は「約330万円」。

約4倍になっています。

そのため、2020年は1月に「約170万円分」のビットコインを購入し、12月末に売却していれば約500万円稼げました。


2021年に必要だった資金

2021年はどうでしょうか。

1月の初めのビットコインの価格は「約330万円」、12月末の価格は「約550万円」。

1年で約1.7倍になりました。

そのため、2021年に500万稼ぐためには、「約750万円」が必要でした。


2022年に必要な資金

2022年はどうなるんでしょうか?

今後どうなるのか気になりますよね。

2022年1月初頭の価格は「約550万円」、8月現在は「約320万円」。

6、7月に250万円程度まで暴落しましたが、徐々に価格が戻りつつあるので、今購入しておけば年末までに多少の値上がりは期待できます。


結論|仮想通貨でノマドワーカーになれる

直近3年間のデータでみると、ある程度の資金があれば、仮想通貨でノマドワーカーになれました。

しかも、仮想通貨投資のみの稼ぎでノマド生活が可能に。

別の収入の柱があれば、さらに実現性が高まります。

結論、仮想通貨でノマドワーカーになれる。

›› 【完全無料】コインチェックで口座開設する


悩める子羊

仮想通貨でノマドワーカーになりたいけど、何か注意したほうがいいこととかあるのかな…

オインゴ

あるよ。下記で注意点を解説するね。


仮想通貨でノマドワーカーになる注意点

仮想通貨でノマドワーカーになる注意点

仮想通貨でノマドワーカーになる注意点です↓

・資金が必要
・暴落する可能性がある
・ノマドワークできるスキルが必要


ひとつずつ詳しく解説します。


①:資金が必要

注意点のひとつ目は「資金が必要」です。

ビットコインのシュミレーションでもお伝えしましたが、仮想通貨でノマドワーカーになるにはある程度の資金が必要です。

仮想通貨投資のみの稼ぎでノマド生活するのであれば、2019年は500万、2020年は170万、2021年は750万必要でした。

そのため、資金が十分でないようであれば、今から少しずつためていきましょう。


②:暴落する可能性がある

注意点のふたつめは「暴落する可能性がある」です。

仮想通貨の価格は暴落と暴騰を繰り返しています。

再度ビットコインのチャートを見てみましょう↓

2019-2022 ビットコインチャート
出典:ビットコイン チャート | Google


上記のように、ビットコインの価格は暴落と暴騰を繰り返しています。

そのため、今後も暴落と暴騰を繰り返す可能性が高い。

暴落しないと思っていると、暴落した時にパニックになり、仮想通貨を売却してしまい損失を出しやすいです。


なので、暴落する可能性があると理解し、暴落してもパニックにならない程度の資金で、投資を行うようにしましょう。


③:ノマドワークできるスキルが必要

3つめの注意点は「ノマドワークできるスキルが必要」です。

仮想通貨でノマドワーカーになりたいのであれば、ノマドワークできるスキルを身につけましょう。

なぜなら、仮想通貨投資の利益だけに頼って生活するのは、とても危険だからです。

想像してみてください↓

A:仮想通貨が暴落し利益ゼロ。ノマドワークできるスキルなし。
B:仮想通貨が暴落し利益ゼロ。だけども、Webライターとして月30万稼げる。


ノマド生活を続けられるのはどちらでしょうか?

間違いなくBですよね。

さらに、Webライターの稼ぎだけでも、ノマドワーカーになることもできます。

逆に、Aは人生を積んでしまいますw


何をするにしても、収入の柱を複数もっておくことはとても大切。

ひとつの柱が倒れても、他の柱で支えることができるからです。

仮想通貨でノマドワーカーになるのも同様です。

仮想通貨投資以外でもノマドワークできるスキルを身につけておきましょう。


おすすめのノマドワークできる職種です↓

・Webサイト制作
・Webマーケター
・Webライター


上記はいずれも、リモートワークできる職種です。つまり、ノマドワーク可能。

未経験から3ヶ月程度でスキルを身につけることもできます。

こちらの記事で世界を飛び回る仕事を解説しているので、ご参考にどうぞ↓

›› 【世界を飛び回る仕事】理想と現実【世界をまたにかける仕事20選!】


仮想通貨でノマドワーカーになる注意点まとめ

まとめます。

仮想通貨でノマドワーカーになる注意点です↓

・資金が必要
・暴落する可能性がある
・ノマドワークできるスキルが必要


仮想通貨投資でノマド生活の資金を稼ぐには、ある程度の資金が必要なので、まずは資金をためましょう。

暴落する可能性もあるので、暴落しても売却を我慢できる余剰資金で投資を行うのも大切です。

リスクを分散させるため、ノマドワークできるスキルも身につけておきましょう。



悩める子羊

仮想通貨でノマドワーカーになりたい…何から始めればいいんだろう…

オインゴ

気になるよね。下記でその具体的な方法を解説するね。


仮想通貨でノマドワーカーになる方法

仮想通貨でノマドワーカーになる方法

仮想通貨でノマドワーカーになる方法は下記です↓

・取引所で口座を開設し仮想通貨を購入する
・ノマドワーカーになれるスキルを身につける


それぞれ詳しく解説します。


取引所で口座を開設し仮想通貨を購入する

まずは、仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、実際に運用してみましょう。

実際に投資することで、深い知識や経験を得ることができます。

結果、損失をふせぎ、利益を最大化できるようになっていきます。

車も運転しないと、運転できるようにならないですよね。投資も同じです。


おすすめの仮想通貨取引所

コインチェック
2014年から運営を開始した日本では老舗の仮想通貨取引所です。アプリがとても使いやすく国内最大級の476万ダウンロード、多くの人が利用しています。

ビットフライヤー
2016年にビットコイン取引を開始した人気の仮想通貨取引所です。250万人以上のユーザーが利用しています。


いずれも、多くのユーザーが利用している人気の仮想通貨取引所です。

両方試してみて、自分が使いやすい方を利用するのもおすすめ。


おすすめの銘柄

ビットコイン
・時価総額1位
・世界初の法定通貨
・決済手段として認められている

イーサリアム
・時価総額2位
・仮想通貨初のスマートコントラクト
・使用用途が多い


上記は時価総額1位2位の銘柄。

それだけ保有している人が多く、たくさんの人が将来性に期待しているということです。

つまり、将来的に価格が上がっていく可能性大。

何を購入すればいいかわらかない人は、上記2つの銘柄を選ぶようにしましょう。


ノマドワーカーになれるスキルを身につけ

仮想通貨投資と同時に、ノマドワーカーになれるスキルも身につけておきましょう。

繰り返しになりますが、リスク分散のためです。

収入の柱を複数もっておけば、万が一仮想通貨で稼げなかったとしても、旅をしながら生活を続けることができます。


ノマドワーカーになれる職種

ノマドワーカー(フリーランス)になれる職種は結構あります↓

・エンジニア
・マーケター
・ライター
・ブロガー
・デザイナー
・カメラマン
・インストラクター
・コンサルタント
・ユーチューバー
・インスタグラマー
・ネットショップ運営


などなど、結構あります。

とはいえ、一からスキルを身につけるとなると、下記がおすすめです↓

・エンジニア
・マーケター
・ライター


上記の職種は3ヵ月でスキルを身につけることができるスクールなどもあり、参入障壁は比較的低いです。

初心者でも、短期間でノマドワークできるスキルを身につけることができます。

そして身につけたスキルを活かし、「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったサイトで仕事を受注すれば、ノマドワークが可能になります。


下記の記事でノマドワーカー(フリーランス)について詳しく解説しているので、ご参考にどうぞ↓

›› 月収100万ってどんな仕事?めちゃくちゃ稼げる仕事5選【稼ぐ方法も解説!】


まとめ|仮想通貨でノマドワーカーになれる

まとめ|仮想通貨でノマドワーカーになれる

おさらいです。

仮想通貨でノマドワーカーになる注意点です↓

・資金が必要
・暴落する可能性がある
・ノマドワークできるスキルが必要


仮想通貨でノマドワーカーになる方法です↓

・取引所で口座を開設し仮想通貨を購入する
・ノマドワーカーになれるスキルを身につける


ある程度の資金があれば、仮想通貨のみでノマド生活も可能です。

資金が十分じゃなかったとしても、ノマドワークできるスキルがあれば、旅をしながら生活することはできます。

収入の柱を増やし、ひとつの柱が倒れたとしても、他の柱で支えられるよう、リスク分散することが重要。

まずは投資を始め、同時にノマドワークできるスキルを身につけましょう。


1500円分のビットコインがもらえるキャンペーン実施中!

9月30日まで限定!!

今なら、口座開設と入金(1円でも大丈夫)で、1500円分のビットコインがもらえます。

リスクゼロで仮想通貨投資を始められるので、このチャンスを逃さないようしましょう。

コインチェック

›› 【完全無料】コインチェックで口座開設する


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次