【スマホ版】OpenSea(オープンシー)始め方と使い方【買い方も解説!】

【スマホ版】OpenSea(オープンシー)始め方と使い方【買い方も解説!】
悩める子羊

NFTを買ってみたいけど、Openseaの始め方がよくわからない…どうやって使うんだろう…

本記事ではこんな悩みを解決します。


記事の内容
  • OpenSea(オープンシー)とは?
  • OpenSeaの始め方
  • OpenSeaの使い方と買い方


NFTを売買してみたい人は多いのではないでしょうか。

けれども、OpenSeaの始め方や使い方がわからない…

私も初めはそうでした。

しかし、使ってみると以外と簡単。

この記事を書いた人
オインゴ
オインゴ

<プロフィール>

  • 仮想通貨歴3年
  • 合計利益100万以上
  • 英語が得意(TOEIC975)


本記事では、OpenSea利用者の筆者が、その始め方と使い方をスクショ付きで解説します。

OpenSeaの特徴などについても解説。

この記事のステップに従えば、初心者でも簡単にNFTの売買ができるようになりますよ。

それでは始めていきましょう。


ビットコインやイーサリアムがもらえるキャンペーン!

仮想通貨取引所コインチェックは定期的にキャンペーンを行っています。

内容としては、ビットコインがもらえたり、イーサリアムがもらえたり。

最新のキャンペーンは公式サイトをチェック↓

コインチェック


コインチェックのキャンペーンは、口座を持っている人にしか適用されないものも少なくありません。

お得なチャンスを逃さないように、今すぐ口座開設しておきましょう。

›› 【完全無料】コインチェックで口座開設する


目次

OpenSea(オープンシー)とは?

OpenSea(オープンシー)とは?

まずはOpenSea(オープンシー)について解説します。

OpenSeaとは、簡単にいうと「NFTが売買できる市場」のことです。


OpenSeaはNFTが売買できる市場

OpenSeaではNFTを買うことも売ることもできます。

メルカリを想像するとわかりやすいかも。

メルカリでは、服や靴、食品などが購入できますね。

そのNFT版がOpenSeaのような感じ。


公式サイト(https://opensea.io/)では下記のように説明されています↓

The world’s first and largest digital marketplace for crypto collectibles and non-fungible tokens (NFTs). Buy, sell, and discover exclusive digital items.


簡単に和訳すると、こんな感じです↓

世界初・世界で一番大きい、NFT用のデジタルマーケットプレイス


メルカリは日本がメインの市場ですが、OpenSeaは世界が市場です。

規模感が違いますね。


OpenSeaの特徴

OpenSeaの特徴です↓

・2017年に設立
・200人以上のスタッフ
・200万以上のNFTコレクション
・NFTの数は8000万以上
・200億ドル(2兆円)以上の規模


2017年に設立したばかりなのに、すでに2兆円以上の規模。

そして市場にあるNFTの数は8000万以上と、すさまじい出品数です。

それだけあれば、気になるNFTは見つかるはず…ですよねw


悩める子羊

OpenSeaを早速始めてみたい…何から始めればいいんだろう…

オインゴ

ご安心を。下記でそのステップを詳しく解説するね。


OpenSeaの始め方

OpenSeaの始め方

それでは、OpenSeaを始めていきましょう。

ちなみに、サイトは英語表記ですが、スクショ付きで解説するので安心してください。


OpenSeaでNFTを購入するためには、イーサリアムとメタマスク(仮想通貨ウォレット)が必要になります。

まだ準備していない場合は、先に準備しておきましょう。

メタマスクのダウンロードやイーサリアムの送金方法は下記記事で詳しく解説しています。

ご参考にどうぞ↓


OpenSeaの始め方(具体的な手順)

メタマスクとの接続

まずはメタマスクのアプリを起動します。

▼アプリ左上のメニューから「ブラウザ」をタップ

ブラウザをタップ


▼OpenSeaのサイトURL「https://opensea.io」を入力し、サイトにアクセスします

OpenSeaのサイトURLを入力


類似した偽サイトもあるので、公式サイトURL「https://opensea.io」をコピペして入力するようにしましょう。


▼右上のメニューをタップし、「Connect wallet」をタップ

Connect walletをタップ


▼「MetaMask」をタップ

MetaMaskをタップ


▼「接続」をタップ

接続をタップ


▼「Accept and sign」をタップ

Accept and signをタップ


▼「署名」をタップして、メタマスクとの接続完了です

MetaMask接続の完了



プロフィールの設定

次にプロフィールを設定しましょう。

▼右上のメニューから「Account」をタップし、「Profile」をタップ

プロフィールをタップ


▼「・・・」をタップし「Settings」をタップ

Settingsをタップ


▼Usernameなどを入力し「Save」をタップ

※設定はUsernameとEmail Addressだけでも構いません。

Usernameなどを入力


設定内容
  • Username:名前
  • Bio:経歴
  • Email Address:メールアドレス
  • Social Connections:Twitter、Instagramとの連携
  • Links:Webサイト
  • Wallet Adress:ウォレットアドレス(メタマスクとの連携で自動入力されます)
  • Profile Image:アイコン
  • Profile Banner:背景画像


▼届いたEmailの「VERIFY MY EMAIL」をタップ

届いたEmailをverify


▼Emailが認証され、設定がアップデートできるようになります

アップデートが可能に


お疲れさまでした!

これでNFT購入の準備は整いました。


悩める子羊

NFTを買ってみたい…でも無事購入できるか不安…

オインゴ

初めての購入は不安だよね。安心して、下記で使い方を詳しく解説するよ。


OpenSeaの使い方

OpenSeaの使い方

それでは、OpenSeaの基本的な使い方から購入まで解説していきます。


OpenSeaを自分でいろいろ触ってみましょう。

実際に体験すれば、理解がグンと深まりますよ。


OpenSeaの基本的な使い方

まずは、NFT購入に関連するページを解説します。


Top

Topページでは、トレンドや取引額トップのNFTが表示されています。

気になるNFTをタップすると、すぐにコレクションにアクセスできます。

OpenSeaのTopページ


Topページの内容
  • Trending:トレンド(直近で取引が倍増)
  • Top:トップ(取引額)
  • 24h:24時間
  • 7d:7日
  • 30d:30日
  • View all:全てを見る



Explore

ExploreページではNFTを探すことができます。

OpenSeaのExploreページ


「All NFTs」をタップすると、全てのNFTが表示されます。

「Filters」や「Sort」で検索結果にフィルターをかけたり、整理したりすることが可能。

All NFTsをタップ
フィルターでNFT検索も可能


Filiters(フィルター)の内容
  • Status:状態(今すぐ買える、オークション中などが選択可能)
  • Price:金額
  • Quantity:量
  • Collections:コレクション
  • Chains:チェーン
  • Category:カテゴリー
  • Currency:通貨(イーサリアム以外の仮想通貨も選択可能)
Sort(整理)の内容
  • Recently listed:最近出品された
  • Recently created:最近更新された
  • Recently sold:最近売れた
  • Recently received:最近受け取られた
  • Ending soon:オークションやオファーの締め切りがもうすぐ
  • Price low to high:価格の低い順
  • Price high to low:価格の高い順
  • Highest last sale:直近の取引額が高い順
  • Oldest:最も古いもの


Stats

StatsページではNFTのランキングや、直近で購入されたNFTを見ることができます。

Exploreページのように、フィルターをかけてNFTを探すことも可能です。

OpenSeaのStatsページ
Statsページもフィルタリング可能


Statsの内容
  • Rankings:ランキング
  • Activity:アクティビティ(直近で購入されたNFT)


上記のように、Topページ、Exploreページ、Statsページなどから、NFTは探すことができます。

実際に利用してみて、お気に入りのNFTを見つけましょう。


NFTの買い方

お気に入りのNFTが見つかったあとは、購入するだけ。

ここからは、NFTの購入手順を解説しますね。


NFTの具体的な買い方

買いたいNFTのページにアクセスします。

▼「Buy now」をタップ

NFTをBuy now


▼「complete purchase」をタップ

NFTをComplete purchase


あとは料金やガス代(手数料)を確認し「確認」をタップして、購入を完了。

上記のように、購入は以外と簡単です。


OpenSeaには偽物のNFTもあります。

よっぽど信頼しているアーティストやコレクションでない限り、購入する際には公式マーク(青色のチェックマーク)がついたコレクションから購入するようにしましょう。

公式マーク付きのNFT


NFTのその他の買い方

NFTは「Buy now」以外に「Auctions」や「Offers」などの買い方もあります。

違いを簡単に解説します。

Buy now:上記で解説したようにその場で購入できます
Auctions:オークション形式。自分の指定した金額で入札でき、最終的に最高価格であればそのNFTを購入できます。
Offers:「Buy now」の価格以外で購入したい場合は金額を指定してオファーを出すことができます。

まとめ|OpenSeaでのNFT購入は初心者でも簡単にできる

まとめ|OpenSeaでのNFT購入は初心者でも簡単にできる

こちらの記事のステップに従えば、初心者でも簡単にOpenSeaでNFTが購入できます。

しかし、偽物のNFTもあるので、注意が必要。

よっぽど信頼しているNFTでない限り、公式マークがついたコレクションから購入するようにしましょう。


購入したNFTは、転売することにより、稼ぐことも可能です。

あのNFTを購入しておけばよかった…と後悔しないためにも、今すぐNFT購入の準備を始めましょう。


ビットコインやイーサリアムがもらえるキャンペーン!

コインチェックは定期的にキャンペーンを行っています。

内容としては、ビットコインがもらえたり、イーサリアムがもらえたり。

最新のキャンペーンは公式サイトをチェック↓

コインチェック


コインチェックのキャンペーンは、口座を持っている人にしか適用されないものも少なくありません。

お得なチャンスを逃さないように、今すぐ口座開設しておきましょう。

›› 【完全無料】コインチェックで口座開設する


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次